インターンシップ

インターンシップ概要

追手門學院大學のインターンシップは、企業や団體での就業體験を通じて、社會人として必要なスキルや考え方を身につけ、実際に仕事を経験する中で、業種や職種、仕事への理解を深めることをねらいとして行っています。

■2000年度から経営學部において正課科目としてスタート。

■2001年度には全學部の3年生を対象に実施。

■2014年度には対象を2年生にも拡大。126社、221名の學生が実習に參加。

■2015年度には対象を全學年へと拡大し、130社、293名が參加。2018年度には146社、437名と増加傾向です。

■実習には、業界?業種を問わずビジネス現場や仕事を経験したい人、企業の実際を知りたい人を対象とした體験型のプログラムを中心に、ビジネス現場での本気のチャレンジを通じて成長したい人を対象に、中長期実踐型プログラム「追大実踐型インターンシップ」を本學獨自に開発しています。

また、発展著しい新興國をはじめ、海外でのインターシップも多數展開しています。

インターンシップ體験談

北おおさか信用金庫


【2017年度実績】

実習期間:8月18日~8月24日
実習生:経済學部経済學科3年 ほか1名

営業店での実習で取引先へ同行した際、社長から「人と人との繋がりの大切さ」についてお話して頂いたことが印象に殘っています。今回のインターンシップは、就活においても人生においても、貴重な時間となりました。

株式會社日本旅行 関西法人営業部


【2017年度実績】

実習期間:9月4日~9月14日 ほか
実習生:國際教養學部國際教養學科3年 ほか1名

実際に體験して気づいたことは、複雑な事務処理や必要な知識量の多さ。華やかなイメージとは違った仕事の大変さに驚きましたが、社員の方のイキイキ働く姿に、この仕事のやりがいを感じました。

KCJ GROUP株式會社 キッザニア甲子園


【2017年度実績】

実習期間:8月14日~8月26日 ほか
実習生:心理學部心理學科3年 ほか4名

予想外の動きをするこども達に気を配ることの難しさがありましたが、「楽しかった」と何度もアクティビティを受けに來てくれたこどももいて達成感を感じました。多くの人と関わることで、人と接する楽しさに気づくことも出來ました。

[留學生インターンシップ]

通天閣観光株式會社


【2017年度実績】

実習期間: 2017年8月8日~8月20日
実習生:経済學部経済學科3年生 ほか1名

お盆期間は忙しく、スタッフ同士のお互いの助け合いが不可欠だと感じました。自分も余裕があれば他の人を手伝うよう心がけました。敬語や接客用語などいろいろなことを教えてもらい、とても勉強になりました。

詳細はこちら

[追大実踐型インターンシップ]

株式會社キャッチアップ


【2017年度実績】

実習期間:2017年8月4日~9月14日
実習生:心理學部心理學科2年 ほか2名

茨木市內のお店を訪問?取材を行いました。最初は緊張してうまく話せないことがありましたが、何度もロールプレイングを行うことで、交渉を成立させられるようになりました。人とのコミュニケーションの取り方や、自分の印象を良く見せる方法を學ぶことができました。

詳細はこちら

[長期実踐型インターンシップ ]

株式會社ガンバ大阪


実習期間:通年

來てくださるお客様、インターンをさせてくださるガンバ大阪、支えてくれるインターン生の仲間達、そんなみなさんがいたからこそ自分はここにいられる。そんなことを考えながら吹田スタジアムでチケットチェック業務をしていたら、1人1人のお客様に自然と「ありがとうございます」の言葉が出てきました。笑顔で挨拶をすることはマニュアルではなく「おもてなし」なのだと改めて感じました。自分自身も周りに良い影響を與えられる人になりたいと思います。

詳細はこちら

[海外インターンシップ]

ベトナム


【2017年度実績】

実習期間:8月20日~9月3日
実習生:経済學部経済學科3年 ほか19名

最初は自分が良さそうと思うものを提案しました。結果ミッションクリア出來なかったです。次にクライアントのニーズを考えて行動したら、うまくいきました。クライアントのニーズが最重要だと分かりました。

詳細はこちら

本學のインターンシップ分類

インターンシップの実績

2018年度の実績(全學年を対象に実施)

実習先総數:146事業所

參加者數:437名

學部 學科 參加學生
1年 2年 3年 4年 合計
経済學部 経済學科 24 26 32 2 84
経営學部 経営學科 30 25 52 2 109
心理學部 心理學科 30 28 17 8 83
社會學部 社會學科 17 12 18 1 48
國際教養學部 アジア學科(國際日本學科) 23 8 34 1 66
國際教養學科
地域創造學部 地域創造學科 13 15 11 3 42
合計 142 114 164 17 437

インターンシッププログラム

本學では、全學部全學年対象にインターンシップを実施しています。
企業?団體等での就業體験に加え、事前?事後學習も行い、インターンシップをより有意義なものにできるようプログラムを組んでいます。

インターンシップの流れ

夏期休業期間において実施されるインターンシップ実習にむけての流れは上記の通りです。
具體的な日程や応募方法などについては、CAMPUSSQUAREを通じてお知らせします。
インターンシップの制度や流れ等は変更する場合があります。

事前研修

事前學習としてインターンシップ実習に參加するために必要なビジネスマナー、社會人としてのルール、職業意識等について學習します。

主な內容
  • インターンシップの概要
  • インターンシップとキャリア形成-具體的な目標設定
  • 自己プロフィールの作成-自分の強み?成功體験を自覚する
  • 応募書類の作成
  • 業界?企業研究
  • ソーシャルネットワークの活用
  • 社會のルール
  • ビジネスマナー

事後研修

実習全體を振り返り、目標の達成狀況の検証、気づき?學びを整理し、自己評価?他者評価を通じて、次の課題?目標につなげます。

インターンシップ実習報告會

実習で學んだこと、気づいたこと、今後の課題などを発表します。
それぞれの體験や成長を共有し、就職活動に向けての意識を高めます。

報告會では、グループディスカッションにより、お互いの成果を共有し合う場面も。

インターンシップに関するお問合せ?相談窓口
インターシップ擔當



茨木安威キャンパス :キャリアアクションコモンズ(5號館B1階)
           TEL:072-665-5271(平日 9:10~17:00)

茨木総持寺キャンパス:就職?キャリア支援課內(2階)
           TEL:072-697-8174(平日 9:10~17:00)

追大実踐型インターンシップ

追大実踐型インターンシップの取り組み

追大実踐型インターンシップとは???


受け入れ先様の”リアルな課題”に取り組む実踐型のインターンシップです。

経営者のアイデアを形にしたい、社員の人材育成力を高めたい、チャレンジし続ける社風を強化したい、人材採用の課題を解決したい???など、受け入れ先様が抱える課題の解決にインターン生を活用してください。學生は社會で求められる力を養うことができ、受け入れ先様にとっては自社の課題解決につながる、雙方にとってメリットのあるプログラム設計をしています。

追大実踐型インターンシップ

インターンシップ受入~修了までの流れ

インターンシップ受入~修了までの流れ

2017年度參加學生の聲

▲畫像をクリックすると[2017年度參加學生の聲]PDF版が開きます。

▲畫像をクリックすると[2018年度參加學生の聲]PDF版が開きます。

コーディネート事例一覧

2017年度コーディネート事例一覧

事例:日本タクシー株式會社(業種:運輸業)

日本タクシー株式會社

▲畫像をクリックするとPDF版が開きます。

事例:特定非営利活動法人いばらき(業種:醫療?福祉)

特定非営利活動法人いばらき

▲畫像をクリックするとPDF版が開きます。

海外インターンシップ(2017年度~)

事例:実踐型 海外インターンシップ in ベトナム

▲畫像をクリックするとPDF版が開きます。

留學生インターンシップ(2017年度実績)

事例:通天閣観光株式會社(業種:観光業)

通天閣観光株式會社

▲畫像をクリックするとPDF版が開きます。

事例:宇治市観光協會(業種:観光業)

宇治市観光協會

▲畫像をクリックするとPDF版が開きます。

草蜢社区在线观看免费下载