認定留學?その他の留學

認定留學とは?

自分で計畫した留學を、大學に申請することで
留學中の修得単位が読替可能に

本學學部生の2年生から4年生で、留學するに足る一定の単位を修得した學生に限り、あらかじめ學內の審査?許可を受けた上で、自分が選んだ留學先で修學することができる制度です。認定留學の期間は1學期または2學期とし、2學期までは留學期間も本學の在學期間に算入しますので、休學することなく留學ができます。認定単位が承認されると、當該學期にかかる授業料相當の奨學金が支給されます。また帰國後、留學先で修得した単位の認定を願い出ることができます。

対象

全學部/2年生?4年制春學期まで
応募條件

留學するに足る一定の単位を取得したもの(下図參照)

期間

1學期(1セメスター)または2學期(2セメスター)

応募時期

秋出発:5月末日まで/春出発:11月末日まで 留學先への申込スケジュールは、認定留學のスケジュールと 異なるので、各自で確認すること。

費用

費用

本學授業料は納付の必要有。ただし、留學期間中の授業料相當分を奨學金として給付

休學して行く留學とは

學生が自分の希望や目的に応じて、自由に留學先大學を選択し、休學して留學する方法です。休學期間は在學年數にはふくまれません。詳細はSTUDY GUIDEを確認してください。留學期間中の本學の授業料は不要です。(但し、施設設備充実資金は、休學期間に応じて納付が必要です)

認定留學とその他の留學(休學留學)の違い

本學の
學生納付金
留學先大學
の授業料
奨學金 単位認定 留學期間中
の在籍
受付窓口
認定留學 あり あり あり ※1 最大60単位
(1年間)
あり 國際交流教育課
休學して行く留學 減免処置 あり なし あり ※2 なし 教務課

※1 授業料相當額を奨學金として給付します。

※2 休學期間中に留學等で修得した単位の認定を希望する場合は、事前の屆出(休學開始の1ヶ月前までに所定の様式により提出)が必要です。

COLUMN:語學留學と學部留學の違いとは?

大學附屬の語學學校で英語を身につける「語學コース」と
派遣先大學の正課授業を英語で受講する「學部コース」。

交換留學の「語學コース」は、派遣先大學に附屬する語學學校で、世界各國から集まった留學生たちと一緒に英語そのものを學びます。クラスメイトに現地のネイティブスピーカーは一人もいませんが、多彩な國籍の人たちと過ごすので、世界の文化の違いを知る貴重な體験ができます。英語力アップのみを考えているのであれば、交換留學の「語學コース」が適しています。
これに対して、現地の人たちも通う大學で、英語または現地の言語で様々な科目を學ぶ留學が「學部コース」。「語學コース」に求められる語學要件よりも高い基準を留學前にクリアしておく必要があります。英語力アップに加えて、例えば「経営學」や「経済學」、「文化人類學」など多彩な専門科目を學ぶことができるのがその特徴。事前に何を學びたいのか決めておくことも重要となります。

草蜢社区在线观看免费下载