ホーム>新著情報>ニュース>長崎県西海市と包括連攜協定を締結
長崎県西海市と包括連攜協定を締結
掲載日時:2021年6月29日

農林水産業に関わるフィールドワークやインターンシップなどの実踐的な學びの場の創出を目指し、追手門學院大學は長崎県西海市と包括連攜協定を結びました。
6月29日に長崎県庁で開かれた調印式には真銅正宏學長と西海市の杉澤泰彥市長が出席し、協定書にサインをしました。

挨拶した真銅學長は?教育コンセプトWIL (Work-Is-Learning=行動して學び、學びながら行動する)を掲げ、生涯にわたって學び続けられる力や姿勢を在學中の4年間で身につけさせるため、大學の教室から飛び出し、実踐的な経験を通じた學びを推進している。農業、漁業、エネルギー、林業などの分野で様々な可能性を秘める西海市と提攜して、新たなプログラムを作っていきたい。?と述べ、杉澤市長も?力を入れている農林水産業をはじめ、學生たちと地元の事業者、學校などとの交流を通して新たな刺激生み出し、さらに魅力を作っていきたい?と期待を語りました。

本學は地域の課題を多角的に探究する「地域創造學部」を2015年に開設し、2020年4月には「食」と「農」をテーマに農業ビジネスや地域振興を學ぶ「食農マネジメントコース」を新設しています。
今後、同學部でのフィールドワークをはじめ、他學部も含めた現地企業へのインターンシップなどを行う予定です。


調印式の様子(左:西海市杉澤市長、右:追手門學院大學 真銅學長)

草蜢社区在线观看免费下载