ホーム>新著情報>プレスリリース>【追手門學院No.07】プロのアーティストと協働創作した卒業公演を開催

プレスリリース No.07

2021年5月20日配信

ダンス+演劇で「心?身」を育む追手門學院高校表現コミュニケーションコース

プロのアーティストと協働創作した卒業公演を開催

 
 

 追手門學院中?高等學校(大阪府茨木市、校長:木內淳詞)は、演劇やダンス等の表現活動を活用したコミュニケーション教育により心?身を育み「人と人とのつながりを生み出すことができる人材」の育成を目指す全國でも例のない「表現コミュニケーションコース」を設けています。

 このたび進學を前にした6期生にあたる3年生28人が、舞臺蕓術界の第一線で活躍するアーティストと協働創作した卒業公演を開催し、後日オンライン配信も行います。

 生徒とともに協働創作を行うのは、韓國や東南アジアとの國際共同製作作品を數多く手がけ、韓國で最も権威のある第50回東亜演劇賞で演出賞を外國人として初受賞した多田淳之介氏と、「ベートーヴェン交響曲第5章『運命』の全楽章を踴る」舞臺でMIKIKO(演出振付家)、森山未來(俳優?ダンサー)との共作が話題となったダンサーの森下真樹氏です。

 

 生徒たちは、コロナ禍でも力強く生きる前向きな姿勢を、作品を通して発表しようと演劇専攻とダンス専攻に分かれ、4月より両名を交えて創作活動を進めています。

 高校3年生たちがコースの総決算として、プロと一緒につくりあげた渾身の作品と、表情豊かに演じる様子をぜひ取材いただくとともに、公演の告知にもご協力いただきますよう、お願いたします。


パンフレットダウンロードはこちら (PDF:27MB)

<開催概要>

【公 演 日】
 2021 年 6 月 20 日(日)11:00~ / 15:30~
【オンライン配信日程】
 2021 年 6 月 26 日(土)19:00~
 2021 年 6 月 27 日(日)14:00~ / 18:00~
 ※6 月 20 日(日)の公演の模様をオンラインで配信します。
【會 場】
 追手門學院中?高等學校 Atelier O(アトリエ ゼロ)
 大阪府茨木市太田東芝町 1-1
※6 月 26 日(土)と 6 月 27 日(日)はオンライン配信のため會場での観覧はできません。
【演 目】
1.演劇作品「キャピュレットフェス 2021 - ロミオとジュリエットはお酒がのめない -」
構成?演出:多田淳之介
出演:表現コミュニケーションコース 6 期生演劇専攻 16 名
2.ダンス作品「月を食べて大きく樹つ」
振付:森下真樹
出演:表現コミュニケーションコース 6 期生ダンス専攻 12 名

【申込方法】以下のお申込みフォームよりお申込みをください。
會場で観覧の方(6/20 のみ)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b7571e43704965
オンライン視聴の方
https://ssl.form-mailer.jp/fms/216a3964705102

【問合せ先】
 追手門學院高等學校 表現コミュニケーションコース擔當
 TEL: 072-697-8185

追手門學院高等學校 表現コミュニケーションコース 概要

大阪府茨木市にある追手門學院高等學校に 2014 年に新設されたコース。演劇とダンスを中心にした「表現」の授業を週 8 時間カリキュラムに組み込む。表現の學びを通して、自分自身の理解を深め、他者と信頼関係を築き、協働力と共感力、コミュニケーション力を育んでいる。
公式 HP:https://otemon-course-hyogen.jimdofree.com/

アーティストプロフィール

Photo:平巖享

多田淳之介(演出家)


東京デスロック主宰、富士見市民文化會館キラリふじみ蕓術監督。古典から現代劇、ダンス?パフォーマンス作品まで幅広く手がける。全國地域の劇場?蕓術家との地域での蕓術プログラムの開発?実踐や、演劇を専門としない人との創作、ワークショップも積極的に行い、演劇の持つ対話力?協働力を広く伝える活動を行う。2010 年國內歴代最年少で公共劇場の演劇部門の蕓術監督に就任。海外共同製作も數多く手がけ、2013年には、韓國で最も権威のある東亜演劇賞の演出賞を外國人演出家として初受賞。高松市アートディレクター。四國學院大學非常勤講師。
セゾン文化財団シニアフェロー対象アーティスト。

?RYO OHWADA

森下真樹(振付家、ダンサー)


10カ國30都市以上でソロ作品を上演。演劇、音楽、美術、漫畫等とコラボするなど、ジャンルを橫斷。現代美術家 束芋との代表作『錆からでた実』は第8回日本ダンスフォーラム賞を受賞。2017年 MIKIKO(演出振付家)、森山未來(俳優?ダンサー)らが振付を擔當した『ベートーヴェン交響曲第5番全楽章を踴る』を企畫、ソロ出演。
100人100様をモットーに幅広い世代へ向けたワークショップ等も行う。近年、若手ダンサーらを中心にした実験的な場を求めダンスカンパニー「森下スタンド」を発足。

 

▼本件に関する問い合わせ先

追手門學院大學 広報課 谷ノ內 仲西

TEL072-641-9590

メールアドレス:koho@otemon.ac.jp

草蜢社区在线观看免费下载