ホーム>新著情報>プレスリリース>【追手門學院No.16】海外9大學から交換留學生をオンラインで受け入れ

プレスリリース No.16

2021年6月18日配信

リアルタイムでオンライン授業を提攜大學へ提供

海外9大學から交換留學生をオンラインで受け入れ

 
 

 追手門學院大學(大阪府茨木市、學長:真銅正宏)は、昨年コロナ禍で協定校からの交換留學生の受入れが中止となりましたが、2021年度よりオンラインで本學の講義を受講する交換留學生を受け入れています。


 現在、アメリカ、ドイツ、オランダ、イギリス、ベトナム、中國、韓國の7カ國、計9大學から19名の交換留學生が、オンラインで開講している10科目の正課科目を選択して履修しており、これまでの交換留學と同様に単位取得証明書の発行も行います。

交換留學生が參加する授業

【ポイント】

○オンラインで交換留學生の受け入れを開始
海外7ヵ國9大學から19名の交換留學生がオンライン授業を受講中
昨年度からオンラインでの國際交流プログラムを企畫し、COIL型授業などを展開

 本學では、留學に代わる新たな國際交流機會の創出を目指し、昨年から海外提攜校の授業と正課の授業をオンラインでつないだCOIL※型授業の導入や、英語を學びたい學生と日本語を學びたい海外提攜校の學生をマッチングさせて學びあいの機會を提供する「オンライン?タンデム?プログラム」などを展開してきました。ここで培ったノウハウを活用し、今年度からオンラインでの受け入れを再開しました。


 5月31日に行われた交換留學生も受講する「Japan Program」の授業では、オーストラリアのサンシャインコースト大學が開講する日本語を學ぶ授業とコラボし、COIL※型授業を開催しました。著物を題材に、誕生から現代までの文化的背景の変遷を學び、実際の著付けを畫面越しに體験しながら、學生同士がオンライン上でディスカッションを行いました。


 今後もICTを活用したオンラインでの國際交流に力を入れ、秋學期以降もオンラインで交換留學生の受け入れを行う予定です。


※COIL(Collaborative Online International Learning)は、ICTを用いてオンラインで海外大學との交流をおこなう教育手法

著物を題材に文化を學び、著物の帯締めを體験する様子

▼本件に関する問い合わせ先

追手門學院大學 広報課 谷ノ內 仲西

TEL072-641-9590

メールアドレス:koho@otemon.ac.jp

草蜢社区在线观看免费下载